痴漢で逮捕されても仕事を続けるためには

一日でも早い釈放が職場復帰への近道

普通のサラリーマンの方が痴漢で逮捕されても、捜査機関が、そのことを勤務先に伝えることは通常ありません。弁護士も、守秘義務を負っていますので、本人の許可を得ずに勤務先に伝えることはありません。もっとも、身体拘束が長びけば、欠勤が続くことになり、結果的に解雇を含めた懲戒処分を受ける可能性が高まります。そのため、職場に復帰するためには、一日も早い釈放を実現することが最重要です。

 

ウェルネスでは多くの痴漢事件を取り扱ってきましたが、ほとんどの方が、早期に釈放され、何の問題もなく職場に復帰されています。

 

【関連ページ】

痴漢で逮捕されたらまず釈放

 

【ウェルネスの刑事弁護専門サイト】 

痴漢で逮捕された時に弁護士ができることや選び方、費用について

 

 

ウェルネスは法テラス出身の弁護士が
運営する適正価格の法律事務所です

適正価格の法律事務所

ウェルネス法律事務所

24時間受 付

TEL 03-5577-3613お問い合わせ